Photoshopでアクション素材(.atn)を使って写真を加工してみた!

アクション素材を利用して簡単に写真の加工ができる、Photoshopでのアクション使用方法をご紹介していきます!

 

アクション素材の使い方がいまいち良く分からない、使った事がないという方にPhotoshopでの利用方法を紹介していきたいと思います。

今回は例として以下にある、「Nostalgia – Vintage Light Leak Actions」というアクション素材をダウンロードし、使用してみました。

01_nostalgia-free-vintage-light-leak-photoshop-action

このアクション素材はおしゃれかつ、バリエーションが豊富で使い易いのでおすすめです。

素材のダウンロードはこちら→FDR.

 

 

では、アクション素材を実際に使用して写真を加工していきます!

下の写真は加工する例として利用していきます。

8315214095_2ba519cb0c_z

写真素材元→IM Free  byVictor Bezrukov

 

1.アクション素材(.atn)を読み込む

アクション2

 

まず事前に好みのアクション素材をダウンロードしておきましょう。

その上でPhotoshopを開き、バーにある「ウィンドウ」>「アクション」を選択します。

 

アクション3

 

「アクション」を開くとこのようにリストが表示されます。

action

アクションリストの右上にあるオプションこのアイコンを選択します。

 

アクション4

 

すると、このような表示が出てきます。ここで「アクションを読み込み」を選択します。

 

アクション5

 

すると先ほど事前にダウンロードした、アクション素材の「Nostalgia.atn」が出てきたのでそれを選択し、開きます。

 

2.アクション素材で加工する

action2

アクションを使用するにはアクションリストの下にあるこの三角のアイコンをクリックすると使用できます。

 

アクション6

 

Nostalgia.atn」から例として「Chirbury」を使用しました。

 

アクション例

これで完成です!

たったこれだけの作業で、簡単におしゃれな加工ができましたね。

比較

元の写真と比べてみるとこのような感じに。やはりアクションをかけることで写真の雰囲気や印象が全然違って見えますね。

 

 

以上で「Photoshopでアクション素材(.atn)を使って写真を加工してみた!」でした。

この機会にアクションでの加工を試してみてはいかがでしょうか。またT1200ブログではさまざまなアクション素材を紹介しているので、ぜひチェックして活用してみてください!

記事をシェアする!