簡単にできちゃう♪Tシャツヤーンで作る、カジュアル可愛いタッセルピアスの作り方 〜基本編〜

以前ご紹介した、いらなくなったTシャツを使って作る編み糸「Tシャツヤーン」を使ってオリジナルのタッセルピアスを作ってみましょう!
TシャツをDIYしてアクセサリーができるなんて、Tシャツはまだまだ奥が深いですね!

誰でも簡単に作れちゃうので、自分用に、お友達用に、沢山作ってTシャツとコーディネートしてみてくださいね。

 

▼タッセルとは?

t1

(掲載元)

タッセルとは、布の終りの部分に取り付けられる装飾のこと。 世界中の多くの文化において様々な種類が見られる、全世界的な装飾品となっています。(Wikipediaより引用)

オーソドックスなタッセルは上の画像のような形のものです。近年ではピアスやブレスレットなどアクセサリーに用いられるようになり、ハンドメイドでもタッセルを使ったアクセサリーが沢山作られています。
誰でも作れるくらい簡単、可愛い。そんなタッセルのピアスをさっそく作って行きましょう!

 

 

▼タッセルピアスの作り方

 

*材料

・Tシャツヤーン1本
・好きな色の糸
・ピアス金具(フックタイプ)
・丸カン
・裁ちバサミ
・必要であればペンチ(丸カンを留めたりする時に使います)

t2

 

 

1.Tシャツヤーンを作る

Tシャツヤーンは以前ご紹介したような作り方で大体合っているのですが、今回はそんなに量は必要ないので、通常よりも短いヤーンを作ります。
MサイズのTシャツを一回ズバッと切れば大丈夫です。切れたら適当な所で輪を切り離し、一本の糸状にしてヤーンの完成です。

Tシャツヤーンの作り方の記事はこちら

P1060774
こちらができあがったヤーン。

P1060678

 

 

2.型紙に巻く

ヤーンができたらいよいよタッセル作りに入ります。
ダンボールなどの堅い紙を縦12㎝、横3㎝くらいにカットし、ヤーンをぐるぐる巻き付けます。
今回は家に余っているスチレンボードがあったので、それを使いました。

P1060681 P1060685

ぐるぐる巻き付けたら、最後の20㎝くらいを残して切ります。これは取っておいて下さいね。

 

 

3.型紙から外してカット

型紙から巻き付けたヤーンを形を崩さないようにそっと取り出し、先ほど残しておいた20㎝くらいのヤーンで中央を二回程きつく片結びします。

P1060691

 

P1060694

片結びができたら、余ったヤーンを目立たないように短く切り落とします。
そして両端を切り、こんな感じの状態にします。

P1060696 P1060699

完成まであともう少し〜〜

P1060689

 

4.好きな色の糸を巻き付ける

用意しておいた好きな糸を巻き付けます。私はゴールドのきらきらの糸にしました!ラメなどが入っていると華やかさが増して可愛いです。

先ほど両端をカットしたヤーンの束を丁度半分で2つに折り曲げ、上から1㎝くらいの部分に糸をぐるぐるこんな感じに巻き付けます。終わりは2、3回程きつく片結びします。

P1060700

それができればあと少し!
全体の長さや上部の形などをヤーンをひっぱったりしながら整えていきます。
大体整ったら、下のバラバラ感を無くすために少し揃える感じでカットします。あまり切りすぎるとタッセルが不格好になるので注意します。

P1060707

タッセルが完成しました!わーい!

 

 

5.金具を付ける

あと少しです!ピアスの金具などを付けていきます。

タッセルのてっぺん、赤い矢印の指す部分に丸カンを通します。真ん中を縛った時のヤーンですね。

t4

 

丸カンを付けるとこんな感じに。

P1060719

そしてピアスの金具を丸カンに通して…

P1060723

 

 

6.完成

完成です。柔らかそうなヤーンの素材感がカジュアルで可愛い〜!
いらないTシャツさえあればすぐに作れちゃいますし、お金もそんなにかからない!
是非色々な色や糸で試してみて下さいね!

P1060750

記事をシェアする!