このデザインどうやってつくるの?イラストレーターのアピアランス機能を使ってテキストにグラデーションをかける方法

今回は、Illustratorのアピアランス機能を使って、テキストにグラデーションをかける方法をご紹介します。
アピアランス機能なんて使った事無い!なんて方も多いのでは?
今回はそんなアピアランス機能を使う第一歩として、アピアランス機能を使ったテキストにグラデーションをかける方法をご紹介します!
普通にテキストにグラデーションをかけたい時や、ロゴを作ったりする時など、
様々な場面に応用することが出来ると思うので、是非お試しを!

▼Illustratorでテキストにグラデーションをかける方法

 

1.テキストを普通に打ち込む

tg1

まず、このように普通にテキストを打ち込みます。

 

 

2.テキストを選択してアピアランスを調整

次に、アピアランスをいじっていきます。アピアランスとは、今回の操作に関して簡単に言うとテキストやオブジェクトの塗りと線を別々に操作することができる機能です。塗りと線をレイヤー化したものです。
アピアランスのツールバーは[ウィンドウ]→[アピアランス]でチェックをつけると表示することが出来ます。

tg2

アピアランスのツールバーは今こんな感じになっているかと思います。
この塗りの部分をグラデーションに変えるのですが、その前にグラデーションを作っちゃいましょう!

 

 

3.グラデーションをつくる

アピアランスのツールバーを出した時と同じように、グラデーションのツールバーを出します。

スクリーンショット 2015-07-28 21.10.02

こんな感じでグラデーションにしたい色を設定します。
今回はちょっと色が多めですが、レインボーにしてみたいと思います!
グラデーションの色の設定の仕方は、初心者の方ならスウォッチなどから色をドラッグ&ドロップすると簡単にできるかと思います。

グラデーションの色が設定できたら、もう一度アピアランスのツールバーで「塗り」の部分をクリックし、
先ほど作ったグラデーションをクリックすると、色が反映されます。
もし「塗り」が無ければアピアランスのツールバーの右上にあるアイコンをクリックすると、「新規塗りを追加」という項目があるので、そこをクリックします。

gt5

 

 

4.完成!

gt3

あっという間にグラデーションレインボーのテキストが完成!
いつもと違う雰囲気にしたいときなど、様々な場面で使ってみて下さいね!

 

 

記事をシェアする!