Photoshopを使いこなそう!素材の読み込み方や基本的な操作【テクスチャー ・パターン編】

今回はPhotoshopでテクスチャーやパターン素材の読み込み方、基本的な操作などをご紹介していきたいと思います!

テクスチャーやパターンの素材をPhotoshopで使用するために簡単な登録・使用方法をご紹介していきます。

 

目次

1.読み込み・登録方法

Ⅰ.一つのテクスチャーを読み込みたい場合

Ⅱ.テクスチャーが複数入っている、パターンセットを一気に登録したい場合

2.使用方法について

Ⅰ.そのままの色や素材を使用する場合

Ⅱ.好きな色に変えて、テクスチャーの素材感を表現したい場合

3.おまけ

 

 

Leather-Pattern-set

このテクスチャーをダウンロードしたい方はこちら

今回はこのテクスチャーを例として読み込み・使用方法をご紹介していきたいと思います。

 

1.読み込み・登録方法

Ⅰ.一つのテクスチャーを読み込みたい場合

 

テクスチャ2

 

↑上図のように①事前にダウンロードしたテクスチャー素材を、Photoshopのアイコンにドラッグします。

 

テクスチャ3

 

②アートボードに配置されたことを確認し、メニューバーから【編集】>【パターンを定義する】を順に選択します。

 

テクスチャ4

 

③名前を変更し、【OK】を選択し登録完了です。

 

 

Ⅱ.テクスチャーが複数入っている、パターンセットを一気に登録したい場合

 

 

テクスチャ5

 

まず、①Photoshopを開いて【塗りつぶしツール】を選択します。

 

 

テクスチャ9

 

 

その後は②左上に表示された【描画色】を【パターン】に変更します。

また③その隣にあるアイコン▼をクリックし、パターンメニューを開きます。そして④右上にある▶︎を選択。

 

テクスチャ7

 

⑤▶︎を開くとオプションメニューが表示されます。この中から【パターンの読み込み】を選択します。

 

テクスチャ8

⑥事前にダウンロードしていたテクスチャー素材を選択し、【開く】をクリックします。

するとパターンメニューに登録されます。

 

 

2.使用方法について

Ⅰ.そのままの色や素材を使用する場合

 

使用方法③

 

アートボードを新規作成し、①【塗りつぶしツール】を選択します。

 

使用方法4

 

 

②先ほどの登録方法2と同じく、【描画色】から【パターン】に変更してください。

また、③▼をクリックしてテクスチャメニューを表示し、登録したレザー素材を選択します。

 

スクリーンショット 2017-10-19 19.55.39

アートボードをクリックすると、塗りつぶしと同じ要領でこのようなレザー素材が表示されます。

 

 

Ⅱ.好きな色に変えて、テクスチャーの素材感を表現したい場合

黄色

今回はこの黄色のシェイプにレザー素材を反映させます。(また描画色を塗りつぶしたものでも可)

使用方法

①シェイプを作成したら、そのレイヤーを選択したままメニューバーから【レイヤー】>【レイヤースタイル】>【レイヤー効果】の順に選択、もしくはレイヤーをダブルクリックすると開きます。

 

使用方法2

②レイヤースタイルのメニューにある【テクスチャ】を選択し、パターンから登録したレザー素材を選びます。

③比率・深さで目の粗さや質感などを調節し、【OK】を選択します。

 

黄色レザー

するとこのような、黄色のレザー素材が完成しました。

 

 

3.おまけ

★クリッピングマスクとテクスチャーを使用する

 

スクリーンショット 2017-10-19 20.08.19

先ほど「使用方法について」で作成したレザー素材を用いて、「Texture」という文字をクリッピングマスクで切り抜いてみたいと思います。

 

おまけ

 

①「Texture」文字レイヤーが上に表示されている状態であれば、「lether04」テクスチャーのレイヤーを上に移動させてください。

②「Texture」文字レイヤーが「lether04」テクスチャーのレイヤーの真下にくるように移動させます。

 

おまけ2

 

③メニューバーから【レイヤー】>【クリッピングマスクを作成】を順番に選択します。

すると「lether04」レイヤーの左に矢印が表示されます。

スクリーンショット 2017-10-20 17.43.27

完成です!クリッピングマスクでこのようにレザー素材の文字が作成できます。

 

以上で「Photoshopを使いこなそう!素材の読み込み方や基本的な操作【テクスチャー ・パターン編】」でした。

いかがでしたか?テクスチャーやパターン、おまけで紹介させていただいたクリッピングマスクなど、デザイン制作にぜひ生かしてみてくださいね。

少し長めの内容となってしまいましたが、最後までお読みいただきましてありがとうございました!

記事をシェアする!