無料でこんなに使える!Adobeの『Photoshop Express Editor』でサクッと画像加工に挑戦してみた!

画像加工がしたいんだけど、Photoshopなんて持ってないし無料の画像加工ソフトもなんだか使い方がイマイチ、いちいちダウンロードも面倒…という方にオススメの無料画像加工ツールがあるんです!

今回は、Adobe公式サイトからブラウザで使うことができる『Photoshop Express Editor』をご紹介。
サクッとPhotoshop顔負けの画像加工ができちゃいます!

▼『Photoshop Express Editor』とは?

p1

Photoshop Express Editorとは、Adobeの公式サイトから、ブラウザ上でのみ使うことの出来る、Photoshopの簡易版のようなものです。
画像加工の機能に優れており、ダウンロードも不要なのでサクッと使うことが出来ます。
操作も非常に簡単。Photoshop自体を全く知らなくても、慣れればPhotoshop以上に使い勝手の良い画像加工ツールになるかもしれません。
今回は導入編ということで、その基本的な機能の使い方をご紹介したいと思います!

Photoshop Express Editorが使えるページはこちら
このページから、「Editorを起動」をクリックしてPhotoshop Express Editorを使ってみましょう。

▼基本的な機能の使い方

 その前に、加工したい写真をブラウザ上にアップロードします。

p3

写真をアップロードをクリックして、加工したい写真を選んでアップロードします。
これで準備は完璧!

p4

 

①画像のトリミング(切り取り)

まずは画像加工の基本トリミング。
沢山あるツールの中から一番上にある「Crop&Rotate」を選びます。

p5

 

こんな感じで、四隅のボックスを動かしてトリミングします。

p6

トリミングの完了の仕方は、特に何もクリックしなくて大丈夫です。
次のツールのアイコンをクリックなどすると、自動的に適用されます。

②画像の明るさを調整

次に、画像の明るさを調整してみましょう。
サイドのツールバーの「Exposure」を選択します。
すると画像の明るさを、プレビューで見ながら調整することが出来ます。
今回は写真自体がちょっと暗めだったので、一番明るい数値にしました。

p8

ちなみに、作業工程の中でひとつ前の工程に戻りたいときは、
下部にある「Undo」をクリックすると戻ることができ、逆に「Redo」でひとつ進む事もできます。
全ての作業をリセットしたい場合には「Reset」で加工前の写真の状態に戻すことができます。

p7

 

③彩度を上げる

写真をもっと鮮やかにしてみましょう。
サイドのツールバーから「Saturation」を選択し、彩度を調整していきます。
若干彩度を高めにしてみました!
写真の表示サイズは左下の「Zoom」で調整することができます。

p9

そして先ほど説明した「Reset」の右隣にある「View Original」ですが、
長押しすることで加工前の写真と加工後の写真を比べて見ることができます。
どれくらい元の写真から加工したのか、確認することができますね!

④保存

加工した写真を保存しましょう。
右下にある「Done」をクリックし、画像に名前を付けて保存します。
保存し終わったら、また右下の「Done」でPhotoshop Express Editor自体を終了します。

スクリーンショット 2016-03-02 19.47.09

拡張子は基本的には元の写真の形式(大体.jpg)のまま保存されますが、もしpngなどにしたい時などは保存の名前変更の際に「ファイル名.png」と変更すると良いでしょう。

 

▼おわりに

hikaku

いかがでしたか?上の画像の右の方が加工後の写真です。
彩度や明度を編集したので、写真全体がだいぶ明るい雰囲気になった気がします。
使ってみた感想としては
Photoshopよりも操作が簡単なのに、出来上がりのクオリティはほぼPhotoshopと変わらない感じです。普段はPhotoshopユーザーの私も驚きです…
本格的な画像加工が無料で、しかも手軽にできてしまうので、とってもおすすめです!
是非活用してみてくださいね!

記事をシェアする!