フリーソフトGIMPで簡単に写真を合成する方法

今回はフリーソフトのGIMPを使用して、写真合成や加工の簡単な方法についてご紹介していきたいと思います!

GIMPで気軽に写真を合成・加工できる方法を紹介していきます。

mon

GIMPとは、GNU GPL の下で無料配布されているビットマップ画像編集・加工ソフトウェア(ペイントソフト)です。

気軽にダウンロードが可能なので、Photoshopを持っていない方にはオススメです。

 

 

 使用素材について

「ねこ」

gf01a201407240800

著作者:Lara Cores

掲載元→GATAG

「女の子」

女の子

GAHAG

 「背景」

背景

GAHAG

今回は以上の3枚の写真を使用し、合成していきたいと思います。

 

全体の作業フローについては、

1.画像を取り込む

2.写真切り抜き

3.色調整・ぼかし

このように大きく3つの行程に分けました。

 

ではここから合成・加工方法を説明いたします。

 

1.画像を取り込む 

 

Ⅰ背景写真を取り込む

画像を開く 

 

まず、「背景」を読み込むためにメニューバーにある【ファイル】>【開く/インポート】の順で選択していきます。

 

開く1

 

ここの【画像ファイルを開く】で背景画像を選択し【開く】をクリックします。

 

スクリーンショット 2017-06-05 18.34.48

 

 背景画像が読み込まれました。次に「ねこ」と「女の子」の画像をそれぞれ読み込み配置していきたいと思います。

 

ねこ女の子

 

先ほどと同様に【ファイル】>【開く/インポート】で「ねこ」「女の子」の写真を読み込みます。

 

Ⅱ「ねこ」の写真を読み込む

 

ねこ取り込み2 

 

合成する「ねこ」の画像を選択し、【開く】をクリックします。

 

 スクリーンショット 2017-06-05 19.51.50

 

「ねこ」の画像が読み込まれました。次に背景に配置していきたいと思います。

 

選択コピー

 

メニューバーの【選択】>【すべて選択】で「ねこ」を選択し、そのまま【編集】>【コピー】で「ねこ」の画像をコピーします。

 

スクリーンショット 2017-06-06 22.25.32 

 

ここで背景画像に切り替えます。

 

貼付け

 

背景画像に切り替えたまま【編集】>【貼付け】で背景に「ねこ」を貼付けます。

 

画像貼りつけ

 

 背景に配置された時にレイヤーを見てみますと、選択しているレイヤーが【フローティング選択】という表示になります。

 

レイヤー切り替え 

 

 【フローティング選択】レイヤーを選択したまま、左下にある四角いアイコンの【新規レイヤー追加】をクリックします。

すると【貼付けられたレイヤー】に名前が変更されました。このままだと分かりづらいので「猫」に変更します。

これで「ねこ」の配置が完了しました。

 

 

Ⅲ「女の子」 の写真を取り込む

女の子データ1

 

先ほどと同様に【ファイル】>【開く/インポート】を行い、【画像ファイルを開く】で女の子の画像を選択し、【開く】をクリックします。

 

スクリーンショット 2017-06-05 23.52.04

 

「女の子」を読み込みました。

 

選択コピー

 

先ほどのように【選択】>【すべてを選択】で女の子を選択したまま、【編集】>【コピー】で女の子の画像をコピーします。

 

スクリーンショット 2017-06-06 15.36.35

 

また先ほどのように背景に切り替えて【編集】>【貼付け】で背景に女の子を配置します。

レイヤーの名前を先ほどの流れで「女の子」に名前を変更します。

 

ここから切り抜き作業を行いたいと思います。

 

2.写真切り抜き

Ⅰ「ねこ」の写真を切り抜く

 

パス

 

ツールボックスにある【パス】ツールを選択します。

 

スクリーンショット 2017-06-05 20.12.21

 

パスツールで丁寧に輪郭に沿ってパスをつなげていきます。

 

スクリーンショット 2017-06-05 21.19.05

 

パスで切り抜く部分を全部の範囲を選択しました。

 

 レイヤー 

 

「猫」レイヤーを選択したままメニューバーの【レイヤー】>【レイヤーマスク】>【レイヤーマスクの追加】で切り抜きを行います。

 

スクリーンショット 2017-06-05 21.25.02

 

このように「ねこ」が切り抜かれました。

 

選択

 

まだ選択されている状態のため、メニューバーの【選択】>【選択を解除】で選択を解除します。

 

スクリーンショット 2017-06-06 15.59.38

 

「ねこ」の切り抜きと配置を行いました。 

 

 次に「女の子」の画像を切り抜き、配置していきます。

 

Ⅱ「女の子」の写真を切り抜く

 

パス

 

先ほどと同様に【パス】ツールを選択し、切り抜く範囲を選択していきます。

 

 スクリーンショット 2017-06-06 0.25.08

 

選択し終えると「女の子」レイヤーを選択したままメニューバーの【レイヤー】>【レイヤーマスク】>【レイヤーマスクの追加】で切り抜きを行います。

 

スクリーンショット 2017-06-06 0.30.06

 

「女の子」も切り抜きが完了しました。

 

アイコン

 

次にツールボックスで【拡大・縮小】 を選択し、「ねこ」と「女の子」の大きさをそれぞれ調整します。

 

スクリーンショット 2017-06-06 0.32.28

 

このように女の子がマグカップにもたれ掛かっているような構図にしました。

また、「ねこ」と「女の子」が重なってしまっているので、調整していきたいと思います。

 

左右反転 

 

【鏡像反転】ツールを選択し、「ねこ」を左右反転させます。

 

   スクリーンショット 2017-06-06 16.47.29

 

3.色調整・ぼかし 

Ⅰ「ねこ」の色調整

 

「カラーバランス」

 カラーバランス2

 

【色】>【カラーバランス】を選択します。背景が黄緑がかった色合いなので【カラーバランス】で「ねこ」のカラー調整を行います。

 

「レベル」

レベル2

 

次に【色】>【レベル】を選択します。【レベル】で明るさの調整を行います。

 

「明るさーコントラスト」

 コントラスト

 

【色】>【明るさーコントラスト】を選択します。

背景が夕日なので、【明るさ】を下げて明暗がぼけないように【コントラスト】を上げて調整し、馴染ませていきます。

スクリーンショット 2017-06-06 1.12.18 

 

加工前は「ねこ」が浮いて見えていましたが、色を調節したことで背景と馴染み、自然になりました。

 

Ⅱ輪郭をぼかす 

 

ぼかし

 

ツールボックスから【ぼかし/シャープ】ツールを選択します。

【ツールオプション】ではブラシ【サイズ】20.00【縦横比】0.00【角度】0.00の設定で、下の方にある【ぼかし】にチェックを入れて作業しました。

 

 

ぼかし2 

 

太い赤線のように女の子の輪郭をなぞっていきます。

 

スクリーンショット 2017-06-06 0.56.53

 

輪郭を少しぼかして背景に馴染ませました。

 

Ⅲ全体のカラーバランス 

 

色相彩度

 

先ほどの「Ⅰ「ねこ」の色調整」で説明したような流れで【色】>【明るさーコントラスト】で彩度の調節をし

【色】>【色相ー彩度】【明るさ】【コントラスト】を調整します。

 

完成

 スクリーンショット 2017-06-06 12.07.27

 

陰影や色調が自然に馴染み、クラシカルな雰囲気に仕上がりました。

 

以上で「フリーソフトGIMPで簡単に写真を合成する方法」でした!

少し長めの記事になってしまいましたが、本当に持っていると便利なので、ぜひダウンロードして利用してみてくださいね。

記事をシェアする!