やわらかな和のカタチが可愛い!Tシャツヤーンでつくる水引アクセサリー 〜あわじ結びのピアス編〜

大好評『Tシャツでハンドメイド』!
今回はTシャツヤーンで和の雰囲気が可愛い水引アクセサリーを作ります。

水引の基礎結びとも言われる「あわじ結び」で和風なピアスの作り方をご紹介。
ちょっと難しそうに見えるけれど大丈夫!
Tシャツヤーン特有の柔らかな素材感で、一風変わった和を気軽に楽しんじゃいましょう!

*材料

・Tシャツヤーン (45cm程のものを2本)

・ボンド

・裁ちばさみ

・フェルト(1枚)

・ピアス金具

awa1

 

▼作り方

1.あわじ結びをつくる

さっそくヤーンであわじ結びを作っていきたいと思います。
まず、このようにして輪をつくります。この時、上ヤーンをに少し余らせておきましょう。
最初からヤーンは二本で使います。

awa

次に、もう一つ重なるように輪をつくります。
重なるとプレッツェルのような形になります。

awa3

awa4
さて。ここからが少しややこしいのですが、
Aのヤーン二本を写真のB.C.Dに順番に通していきます。
二色のヤーンが重なったりしてヤーンの色の順番が変わらなようにすることが、
綺麗に仕上げるコツです。

awa5

Aを下からBに通します。

awa6

次に、Aを上からCに通し、

awa7

Dに下から上に抜けます。

awa9

ちょっと形が崩れてしまうかもしれませんが、大丈夫です!

最後にヤーンを指で押さえたりしながら引き締め、全体の形を整えていきます。
裏返したりしてヤーンを引っ張ったりすると、綺麗に整える事ができます。
強く締めすぎると玉になってしまうので気をつけてくださいね。

awa10 awa11

ばーん!とりあえずあわじ結びが完成しました!

 

 

2.余った部分をカット

完成したあわじ結びは余った部分を切り落とします。
裏返して裏にある方のヤーンは短くカットし、ボンドで留めます。
表に出ている方のヤーンは少し長めにカットし、裏にもっていって同じくボンドで留めます。
こうする事で、余ったヤーンが表に見えないようになります。

awa12 awa13

 

 

3.フェルトを裏に貼り金具を付ける

あわじ結びの形に沿って少し小さめにカットしたフェルトと、
ピアスの金具をボンドでしっかり貼り付けます。

awa14

 

 

4.完成!

awa15

ふにゃっとやわらかそうな素材感が可愛い!
オシャレな和ですね!着物などのザ・和風意外の服装にも合いそうなピアスです。

awa18

いかがでしたか?
水引の結びって慣れるまではなかなか難しいのですが、意外と簡単なつくりなんです!
ひとつ完成する事ができたらもうこっちのもんですよ!
是非この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

記事をシェアする!