よりよい素材を手に入れるには?

今回は、ブログ担当が素材を探すときにも使っている、いい感じの素材を探したい時に使えるちょっとした小技を、皆さんにお教えしちゃいます!

こんにちは!T1200ブログ担当のモリーゾです!

このブログでは、みなさんにオススメの素材をたくさん紹介したりしていますが、「こういう素材なんだけど、もうちょっと違う素材もほしい…」とか、「これでいいんだけど、もっと色違いとかないのかな?」とか、思ってしまうことありませんか?

そういうことで、今回は、みなさんが自分で素材を調べたいと思った時に、より良い素材にたどり着けるよう、どんな風に検索すればよいかを、紹介したいと思います!

英語で検索してみよう!

普段日本語を使っていると、どうしても日本語で検索してしまいがちです。しかし、英語を使っている人は、日本語を使う人のおよそ十倍もいます。それは、調べた時に出てくる素材の数にも出てくるのです。

例えばかわいい感じのテクスチャーが欲しくて、日本語で検索したとします。すると、

WS000033

 

こんな感じに約47万件出てきます。しかし、英語で検索をかけてみると…

WS000032

 

というように、なんと約5倍もの結果が出てくるのです!

たくさん素材の提案があるほど、自分が本当にほしい素材が手に入る可能性も高くなりますよ!

でも英語苦手だし…という人でも大丈夫!「Google翻訳」で手っ取り早く英語にしてしまいましょう!

WS000035

よく使われる英語を覚えてしまおう!

とはいえ、毎回毎回翻訳するのはめんどくさくもあります。

そこで、私が素材を探す時や、どんな素材か見極めるために、よく使う単語を一挙に紹介します!

stock

「在庫」の意味。「素材集」の意味もあるようです。この単語で調べると、いろいろな素材サイトが見つかります。

texture

「テクスチャー」の意味。背景に使えそうなものから切り取ってワンポイトに使える派手なものまで、色々出てきます。

pattern / seamless

「パターン」「継ぎ目なし」の意味。テクスチャーのなかでも、上下左右にいくら置いても境目がわからない、自然なテクスチャーが出てきます。

vector

「ベクター」の意味。Adobe IllustratorやGIMP、Inkscapeなどで使える、SVG素材が入手できます。AI素材のときのみの場合もあり。

「ベクターってなに?」という方はコチラにまとめています。ちなみにこの単語をドイツ語では「ベクトル」と読みます、つまり…。

high resolution

「高画質」の意味。テクスチャーの中でも、きれいで詳細なものが入手できます。しかしその分データも大きいので、乱用すると編集ソフトが重くなることに注意。

subtle

紙の表面や薄い布地など、上に重ねてそれっぽくさせるテクスチャーを召喚する呪文。日本語では「微妙な」の意味。

 

こういった単語に、自分がほしい素材の種類や形容詞などを付けて検索してあげると、お気に入りにできる素材が見つかる、はずです!

Google検索の3ページ目くらいまで行ってみよう!

素材を探そうと、いい感じの素材が集まっているサイトに入ってしまうと、どうしてもそのサイト内で何ページも送ってしまって、しっくり来るのが見当たらないと頭を悩ましてしまうものです。

しかし、一つの素材サイトの中では、人気の素材や使いやすい素材を最初の方に持ってきていることが多いです。つまり、同じサイトの中でいくらページを下っていっても、これと言った素材はどんどん見つかりにくくなってしまうことがあるのです。

そこで、あるサイトで何ページか見て、見つからないなあと思ったら、一度検索ページまで戻って、別のサイトに潜ってみることをおすすめします!

Google検索の3ページほどまで行ってもいい感じのものがなかったときは、検索ワードを少し変えたりしてあげると、良さげなのが出てきたりしますよ。

良さげなサイトを見つけたらブックマーク!

ベクター素材とかはどこのサイトに行ってもたくさんありますが、写真のフリー素材や、実写のテクスチャー素材などは、サイトによってクオリティーや数が大きく変わってきます。

いい感じのサイトをもし見つけることができたら、そこのサイトをブックマークして、今度探す時に具アクセスできるようにしてしまいましょう!

 

以上、いい感じの素材や素材集サイトを見つけるための小技でした!

いかがでしたでしょうか?みなさんも素材を探して、作ってみたいデザインを実際に作ってみましょう!大丈夫、やり始めればそんなに難しくないですよ!

記事をシェアする!