Inkscapeの活用の仕方 〜クリッピングを使う〜

大分前にこのブログでご紹介した、フリーソフト「Inkscape」。
皆様覚えていますか?Illustratorとほぼ同じ機能を兼ね備えたInkscapeの詳しい活用の仕方を今回はご紹介していきたいと思います。

Inkscapeについての記事はこちら

▼クリッピングとは?

クリッピングとは、「切り抜くこと」などを意味する英単語。
画像処理などの分野で、画像や画面のうち指定した一部分のみを表示したり、その部分だけを切り抜いて残し、他の部分を消去する処理や操作のことをクリッピングといいます。
(参考元)

このクリッピングを使えば、画像などを好きな形に簡単に切り抜けるということです。
ではさっそくInkscapeで試してみましょう!

 

▼クリッピングで画像を切り抜く

今回はこの画像の木の部分を五角形に切り抜きたいと思います。

ik

 

 

まず、Inkscapeで[ファイル]→[開く]で画像を開きます。この時、埋め込みではなくリンクにチェックを入れて開くと画質が落ちないかと思います。

開けたら、この画像があるレイヤーの上に新しいレイヤーを作成します。
レイヤーのパネルが出ていなかったら、[レイヤー]→[レイヤー(S)…]でパネルを表示しましょう。

新規レイヤーの作成はレイヤーパネルの「+」のマークをクリックするとできます。

ik2

 

 

▼図形で切り抜く

作成した新規レイヤーが画像のあるレイヤーの上になっていることを確認したら、新規レイヤーの名前を「図形」とします。

図形レイヤーに切り抜く形である五角形を作ります。
ツールバーには色々な矩形ツールがありますが、五角形などの多角形を作る場合はこの画像の一番下の星形ツールを使います。

ik3

 

星形ツールで形を多角形、角の数を5にした五角形をつくり、

ik4

画像の切り抜きたい部分の上に配置します。この時位置がよく分からなかったら、図形の不透明度をレイヤーパネルで下げて配置すると分かりやすいです。

ik5そして、画像と五角形を両方選択します。
選択はこの黒い矢印(選択ツール)をつかって選択します。

ik6
一つ以上のオブジェクトを選択する場合は、Shiftを押しながらクリックして選択できます。

両方とも選択したら、その上で右クリック→クリップの設定をすると一発で切り抜きが出来ます。

完成!

ik7このクリッピングを使えば、様々な形に画像を切り抜くことができますね!
また、ペンツールで作った図形で切り抜くこともできます。

ペンツールはツールバーのこのアイコン。

ik8切り抜くとこんな感じ。

ik9

 

次回はこのクリッピングを応用して、テキストの切り抜きを行ってみようと思います!
お楽しみに!

記事をシェアする!