Illustratorでスタンプ風の素材を作るチュートリアル

今回はデジタルだけでアナログ感を出すことに挑戦したいと思います。
少し難しいかもしれませんが、慣れてしまえば重宝できるチュートリアルだと思うので、是非試してみてください!

1.Illustratorで元の素材を作る

まず、Illustratorで元の素材を作ります。今回は秋ということで、どんぐり君のアイコンを作りました。

is

 

2.Photoshopで加工

Photoshopにどんぐり君を移動し、[フィルタ]→[ピクセレート]→[水晶…]でどんぐり君のエッジをギザギザにします。フィルタの値は今回は20で実行しました。

is2

次に、どんぐり君がいるレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、クリッピングマスクを有効にします。
そして今度は[フィルタ]→[描画]→[雲模様1]を実行します。
実行したら、雲模様のレイヤーモードをスクリーンにし、2つのレイヤーを統合します。
するとこんな感じになります。

is3

さらに[テクスチャ]→[粒状…]で密度50、コントラスト47で実行。

その後[フィルタ]→[スケッチ]→[ギザギザのエッジ…]を画像のバランス44、滑らかさ5、コントラスト17で実行してこんな感じに。

is4

ここまできたらあと少しです!
白い部分をマジック消しゴムツールで消して、レイヤーパネルの透明ピクセルをロック!

[イメージ]→[色調補正]から色相と彩度を変えて完成です!

どんぐり君

 

 

どんぐり君スタンプ風の完成です!

応用すれば文字などにもできると思うので、是非お試しを〜

記事をシェアする!