Illustratorでの入稿前にちょっと待った!ファイルの埋め込みとリンクの謎解明!

b5d1c86fca6efa86f09d70c2f8ff04dc-1.png

11月に突入し、紅葉している木々が目立ちます。
私は高尾山に行きたいです。紅葉を狩りたいです。
10月は芋掘りとか!ブドウ狩りとか行こうと思ってたのに!なんやかんやで11月ですよ!
芋もブドウも既に狩られた後でしょうよ!!!もしまだやっている所があったら、私までご報告よろしくです(白目)

 

さてさて。今回はTシャツのデザインデータをこちらが指定したテンプレートに張り付ける時の埋め込みの仕方をご説明!
データをちゃんと埋め込むにはどうすれば良いのでしょうか?

▼そもそもデータの埋め込みとは?

データの埋め込みとは、イラストレーター(以下イラレ)のデータにフォトショップ(以下フォトショ)などの別データを配置する際に「リンク配置」と「埋め込み配置」の2種類があり、データの埋め込みは「埋め込み配置」の方に当たります。

▼リンク配置とは?

リンク配置は別データのファイルそのものは読み込まれません。
つまり別データをフォトショと仮定した場合、イラレにフォトショのデータがリンク配置されて表示されていても、リンク配置なのでイラレとフォトショのそれぞれのデータは別々にある状態なのです。
そしてイラレデータ自体にはフォトショデータのファイルサイズが含まれていない状態になるので、イラレデータのファイルサイズはその分軽くなります。

▼埋め込み配置とは?

埋め込み配置は、簡単に言うとイラレデータと別データを合体させて一つのデータにするという事です。
リンク配置がシール(貼って剥がせる)だったら埋め込み配置は印刷(直にプリント)
のイメージです。

e_umekomi2

T1200では埋め込み配置でないとデータを正しく入稿することが出来ません。
なので、必ず埋め込み配置にして入稿しましょう。

▼埋め込み配置になっていないと?

埋め込み配置になっていないと、先ほど説明したようにイラレと別データが別々のものになっているので、別データはお客様だけが持っている(見ることが出来る)状態になってしまい、私たちT1200は別データを確認することが出来ないのです。

▼埋め込み配置にする方法

埋め込み配置にするには、イラレで配置を押した後にこのようなウィンドウが出てくるはずです。

ok_umekomiのコピー
赤い四角で囲ってある部分のチェックを外し、これで埋め込み配置にすることが出来ます。

T1200への入稿データは、めりめりっと埋め込み配置でよろしくお願いしまーす!

ちふゆさんからの豆ナレッジ

chifuyu001
リンク配置の場合、リンク元のファイルを修正すると、リンクされているファイルが一斉に修正されるというメリットがあります。
しかし、最終入稿形式は埋め込みでお願いしているところが多いです。

T1200では、片面印刷の場合zip形式でアップすることができません。
ですので、埋め込みにしないとアップロード画面からアップすることができなくなってしまいますので
埋め込みでお願いします~

記事をシェアする!